初めてのカルトナージュ

昨年は、何かと落ち着かない年だったのですが、
その反動か、何かに集中したいという思いも強く、
手仕事に目覚めた一年でもありました。

そのひとつは、以前から気になっていた、カルトナージュ。
組み立てた厚紙に布や紙を貼り、箱などを作るフランスの伝統工芸です。

時々通っている、カルチャーセンターのおしらせで、
新しくカルトナージュの一日体験講座が開かれることを知り、受講しました。

思っていたよりも、手間がかかる作業にびっくりしましたが、
ひとつ作ると、うれしくなって、また作りたくなるんですよね。
それに、せっかく素敵な生地で作るのだから、美しく仕上げたい。
と、言うことで、コツをつかむためにも、月1回のレッスンを受講中です。




初めてのカルトナージュの記念すべき作品は、『リバティの生地で作るリボントレー』
リバティの生地はタナローンといい、シルクのようにしなやかで柔らかなので、
生地に裏打ちしたものを使います。
そうすると、扱いやすく作業がしやすくなり、美しく仕上がるそうです。
c0209018_15372010.jpg


体験2回目は、『リバティの生地で作るパスケース』
リバティの生地には、それぞれ名前がついているのですが、
この花柄の生地は「Nancy Ann」可愛らしい名前です。
フランスから届いたビーズタッセルをつけて、素敵なパスケースに仕上がりました。

体験3回目は、『手付きのラウンドボックス』
マリー・アントワネットも愛したという、トワル・ドゥ・ジュイ(Toile de jouy)
その生地に、ストライプの生地をあわせて。
柄×柄は、カルトナージュの世界では、当たり前の組み合わせのようです。

c0209018_10354982.jpg

[PR]
by chie365 | 2010-01-20 14:00 | カルトナージュ
<< 手製本 あらためまして >>