シャルニエの箱

カルトナージュのレッスン。
5番目の課題は「シャルニエの箱」

シャルニエとは、蝶番のこと。
布で蝶番の部分を作り、本体とふたを、つなぐようにつけて、箱を作ります。




ピンクとグレーの組み合わせ素敵な生地は、
フランスのオリヴィエ・テヴノン社の生地。アントワネット。

今回の角の処理は、内側に折り込む方法。
生地が少し厚いので角の処理はやっぱり難しいです。

本体側面に蝶番を貼る時、なかなか接着しなかったり、
肝心なふたを忘れるハプニングがあったり(苦笑)と、作るのに時間がかかりましたが、
ビーズの飾りが可愛い、素敵な箱になりました。

本体内側は、ケント紙のサイズをかならず微調整してからクロスを貼ること。
を忘れないこと。

c0209018_2375347.jpg

[PR]
by chie365 | 2010-02-24 22:00 | カルトナージュ
<< ブックス型の箱 snowman >>