そのまままめほん

先週、東京古書会館で開催された『豆本カーニバル』に行き、
豆本の熱気に圧倒されながらも、
赤井都さんのワークショップに参加してきました。




今回の赤井さんのワークショップは、
先月、河出書房新社から出版された、『そのまま豆本』を使っての、豆本作り。

一冊の本から、最初の1枚を切り離すのは、ちょっとドキドキしたけれど、
カッターで切り、糸で綴じて……
少しずれて微妙な部分もあるけど、かたちになってくると、やっぱりうれしい。
ふふふ。と笑みがこぼれました♪

あれから、1週間。

今日で、7つの豆本が揃いました。
14の豆本が揃ったら、豆本を入れるための、ブックスタイプの箱を作ろうかな。
もうひとつの楽しみが増えました♪

ワークショップで作った、「ケ−ス入り名作豆文庫」栞や帯まで付いているのです。
ちなみに、栞の大きさは48mm×12mm!!

c0209018_22515394.jpg

[PR]
by chie365 | 2010-10-18 22:50 | 豆本
<< もいちど christmas ... 落とし蓋の箱 >>