箔押しワークショップ

2月のはじめに、箔押しワークショップに参加してきました。
会場は、豆本でおなじみの赤井さんのご自宅。

電気コンロを使って、熱した活字を金属箔に押しあてる方法と、
レーザープリンターやコピ−機で印刷した文字の上に、
箔シートをのせ、アイロンの熱で転写する方法。
(この場合、トナーに反応するので、インクジェットでは無理)
2種類の箔押しを体験しました。



アイロンで転写する方法は、思ったよりも簡単で便利かな。
ちいさな文字でもきれいに転写できたのには、びっくり。
美しい文字に、ちょっと見とれてしまったりして…。
転写した後、シートに残る文字のぬけがらも美しく、さらに感動でした。

活字ホルダーを使っての箔押しは、
熱さの調節や押し具合、押す素材によって、上手くいったりいかなかったりしたものの、
香ばしい匂いに、“じゅっ”という音。“あちっ”という声……。
電気コンロを囲んで、なかなかおもしろく、いい経験になりました。

まさに、五感を使ったワークショップ(おやつタイムも含めて)!!
楽しい美味しい時間は、あっという間にすぎ、後ろ髪を引かれる思いで帰ってきました。

c0209018_22505034.jpg


最後の最後に、昨年作った『そのまま豆本』の豆本たちと、本のかたちの箱や、
ハードカバー仕立てのまめまめカレンダーを、見てもらったのですが、
赤井さんをはじめ、みなさん感動してくださって、とても励みになりました。
ありがとうございました!!

これからも、がんばるぞ。
[PR]
by chie365 | 2011-02-27 22:50
<< おまめさんの豆本講座 vol.1 ボタンを落としたスノーマン >>