被せ蓋のボックス

カルトナージュのレッスン。
2月から作り始めた、13番目の課題「被せ蓋のボックス」が、
やっと出来上りました。




震災の影響で、建物にも被害があり中断していたカルチャーセンター。
5月の連休後再開となり、昨日は久しぶりのレッスンでした。

もともと、母にあげるために作っていたもの。
タイミングよく、母の日のプレゼントとなりました。
c0209018_23562622.jpg

「被せ蓋のボックス」
B5サイズが入る大きさのボックス。
蓋には、綿を入れて少しだけふんわりしています。
上品な柄の生地は、先生から譲っていただいた、フランスの生地。
内側の側面は、無地のココア色。蓋の飾りにグログランのリボンを使いました。

クラスのほとんどは、素敵なフランス製の把手を付けたのですが、
わたしは、付けませんでした。ちょっと可愛くないお値段だったし。(苦笑)
でも、何かポイントが欲しいなぁと思い、蓋にだけリボンをつけることに。
リボンの色もぴったりで、なかなか、よい感じに仕上りました♪
それに、こっちの方が、わたしっぽいかな。

今回も、こうすれば良かったかなぁ。と思うところが、いくつか。
今後の課題となりました。
[PR]
by chie365 | 2011-05-08 22:57 | カルトナージュ
<< 高貴綴じのレシピノート おまめさんの豆本講座 vol.... >>