そらまめノート(追記あり)

先日、そらまめ模様の手ぬぐいをみつけたので、
家にあった「西ノ内和紙」を本文紙に、まめノートを作ってみました。
c0209018_20542397.jpg




一折り中綴じのシンプルなノートです。
カチッとした感じではなく、やわらかく仕上げたかったので、
ボール紙よりも薄い地券紙に、裏打ちした手ぬぐいをくるみました。
初めて「kadoR」を使い、角もまるくしてあります。
本文紙は、前小口をちぎってふわふわにしました。

*「西ノ内和紙」は、国・茨城県の無形文化財。
  徳川光圀公の編集した「大日本史」にも使われた和紙だそうです。


まめつながりで、もうひとつ。
ふくまめプロジェクトのブログを拝見したら、
今年の豆本展の募集要項が発表されていました。
1ヶ月前から、告知をしていたのですね。気がつきませんでした。(苦笑)
今年もまた、お世話になろうと思います。
思い立ったら吉日〜♪


追記:そらまめノート。
   かわいく仕上がったので、豆本展で販売しようと思ったのですが、
   手ぬぐいのメーカーに問い合わせたところ、
   著作権法の関係で、販売するのは無理ということがわかりました。
   残念ですが、仕方ありません。
   市販の物を使うのって、なかなか難しいですね。

  
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]
by chie365 | 2012-06-19 15:32 | 豆本
<< 地味に進行中♪ 豆本「ADVENT CALEN... >>